記事の詳細

アトピー性皮膚炎の人にとって「汗」はアレルギー反応を起こす原因の一つです。
なぜ、汗をかくことでアトピーが酷くなるのか、汗の中に含まれるどんな成分がアトピーに良くないのか、
具体的には分かっていませんでした。
しかし、今回、皮膚に常在するカビが作り出すたんぱく質が原因であると、
広島大大学院の秀道広教授らの研究で明らかになりました。

カビの仲間、マラセチア属の真菌がアトピーの原因

人の皮膚に存在するカビの中で、マラセチア属の真菌「グロボーサ」があります。
これが汗により、カビが出すたんぱく質(MGL-1304)が溶けて皮膚に入り込み、
かゆみの原因となるヒスタミンを作り出すことが、広島大学大学院の研究で判明しました。

同院が、アトピーのかゆみの元となるヒスタミンを調べたところ、
あるたんぱく質の一部であるアミノ酸特有の配列を見つけ、
それを更に調べ進めていったところ、人の皮膚に存在するカビのたんぱく質と一致したのです。

このたんぱく質を意図的に作り、
健康な人とアトピーの人の血液に加える実験をしたところ、
アトピーの人はアレルギー反応が起こり、健康な人は無反応だったため、
カビの持つたんぱく質が汗でアトピー症状が起こる人の原因であると判明したわけです。

アトピー症状がでる原因には、ダニやほこり、食事、睡眠など人によって様々ですが、
アトピー患者の8割は汗で悪化することは明らかになっています。
すなわち、今回の研究の結果で「汗アトピー」の直接的原因が判明したということは、
今後の治療に大きな役割を果たしてくれそうです。

マラセチア菌を増やさないために

マラセチア菌は実は、アトピー性皮膚炎以外の皮膚炎の原因でもあります。

夏場になると胸の上部や背中上部に「赤いにきび」のような湿疹ができませんか?
これは、マラセチア毛包炎といって、マラセチア菌が増殖をして
皮膚炎を起こしている状態なのです。

マラセチア菌は皮脂を非常に好みます。
汗をかく夏は特に皮脂腺からでる皮脂量が多いので、
マラセチア菌が増殖をしやすい季節なのです。

マラセチア菌を増やさないためにも、
アトピー性皮膚炎の人は汗をかいたらシャワーで洗い流したり、
出先の場合は濡れたタオルで拭くなどのスキンケアが重要です。

関連記事:

  1. アトピーの改善② 症状別 卵の摂り方
  2. 栄養不足とアトピーって関係あるの?欠かせない3大栄養素
  3. アトピーを重症化させる「植物油」
  4. アトピー性皮膚炎のアレルゲン どう除去すればいい?
  5. アロマはアトピーに効果がある?

関連記事

ページ上部へ戻る
プロバイダ契約に関する質問