記事の詳細

トランス脂肪酸をご存知ですか?
マーガリンやマヨネーズなどに多く含まれており、
動脈硬化症や心臓病などの健康被害があるとされ、
外国ではトランス脂肪酸の規制は当たり前。
トランス脂肪酸はアトピー性皮膚炎の原因にもなるんです。

マーガリンのトランス脂肪酸でアレルギー症状悪化

アメリカは2006年にトランス脂肪酸の食品表示が義務化、
イギリスでは、トランス脂肪酸が含まれた食品の販売は中止になっています。
なぜなら、「健康被害」があるから。
動脈硬化症・心臓病・早産・がん・アレルギー・肥満などの健康被害は甚だしく、
外国では早くからトランス脂肪酸の危険性が問われています。

 

日本ではまだ無規制。なぜでしょうか。
それは文化の違いにあります。
和食文化の日本はアメリカと比較してトランス脂肪酸の摂取量が少ないことにありますが、
日本の食卓が西洋化している現在において、その理論は当てはまらなくなりつつあります。
実際、戦後からアトピー性皮膚炎の患者が右肩上がりで増え続けているのは、
植物油(リノール酸)の過剰摂取やトランス脂肪酸に原因があるのです。

 
アトピーが悪化する原因は、食生活の変化にあり

アトピー症状のある人は、トランス脂肪酸が含まれる食品摂取を
制限しなければなりません。

 

脂肪酸はもともとは生体を構成する細胞膜の成分で、
免疫学的には炎症の抑制効果があるのですが、
トランス脂肪酸は天然には存在しない脂肪酸のため、
炎症を抑制するどころが、逆に炎症反応を強める障害が起こるのです。

 

それが”アトピーの痒みの原因”となるのです。

トランス脂肪酸が含まれる食品

トランス脂肪酸は、
マーガリン・ショートニング・業務用食用油に多く含まれています。

 

マーガリンやショートニングを使用した加工食品はたくさんあります。
ケーキ、クッキー、パン、ファーストフードなどなど。
トランス脂肪酸の表示がなくても、マーガリンやショートニングという表示はありますよね
お菓子やパンなどを買う時は成分表示をチェックするようにして下さい。
そして、アトピー症状があるうちは出来るだけマーガリンやショートニングの入っている食品は避け、
トランス脂肪酸を体内に取り込まないようにしましょう。

 

そして、トランス脂肪酸と同じくらい避けなければならないのが、
植物油に含まれるリノール酸。
リノール酸を体内に取り込み続けることによって、
アレルギーに過剰に反応しやすい体へと変化してしまいます。
リノール酸は、マヨネーズやマーガリン、サラダ油などに含まれています。
トランス脂肪酸が含まれている食品と同じですね。

 

このことからでも、いかにトランス脂肪酸が「悪」であるかが分かります。
食べるものがなくなるではないかと思われるかもしれませんが、
「和」を意識して食品を選択すると、意外と簡単に見つかりますので、
「洋」から「和」へ戻すことを意識してみて下さい。
 
リノール酸がアトピー体質を作る

 
娘のために一番良く使った書籍です。

関連記事:

  1. 植物油に含まれるリノール酸がアトピー最大の悪である
  2. アトピーの改善① 症状別 植物油の摂り方
  3. アトピーの大敵?~食品添加物について~
  4. アトピーが悪化する原因は、食べ物に大きく関係しています!
  5. 栄養不足とアトピーって関係あるの?欠かせない3大栄養素

関連記事

ページ上部へ戻る
プロバイダ契約に関する質問