記事の詳細

あなたは、アトピーで困っていることの一つに“フケ”はありませんか?
特に女性は、濃い色の服だとフケが目立つのでとても嫌ですよね。
毎日お風呂に入り、不潔にしているわけではないのに、気が付くと頭を掻いていて、
肩や背中に白い粉が落ちている…。自分も嫌な気持ちになりますが、周りの人の目も気になりますよね。

アトピーのフケと普通のフケの違い

別に不潔にしているわけではないのにフケがでる。
これは、普通のフケとアトピーのフケには違いがあるからです。
通常は肌のターンオーバーの際、古くなった角質が剥がれ落ちてフケになります。

しかし、アトピーの人は肌の乾燥によりぼろぼろになった頭皮が剥がれるのです。
ですから、アトピーのフケの方が大きな塊で量も多いんです。
それでもかゆみが止まらなくて掻き続けていると、頭皮を掻き壊して
ジュクジュクとさせてしまう結果に・・・。
治りかけの瘡蓋も、気になって触っているうちに無理にはがしてしまいますよね。
かゆくて不快なフケですが、どのような対策をすればいいのでしょうか?

アトピーのフケ対策

対策は、何と言っても“掻いて頭皮を傷つけない”こと、
そして“保湿”です。

掻いて頭皮を傷つけない

アトピーのかゆみは通常よりも激しいので、掻かないように我慢するのは
本当につらいことです。ですから、かゆい部分をなるべく傷つけないような
工夫が必要です。

例えば、
“爪をいつも短く切って清潔にしておく”
“爪をたてて掻くのを我慢して、指の腹で強く圧すようにしてかゆみを紛らす”
“かゆい部分を冷やす” などです。

寝る前の対策も必要です。
眠ってしまうと知らずに掻き毟ってしまうことが多いので、
手袋をはめ、寝ている間にとらないように手首部分をゴムで押さえるなどの
工夫をしましょう。
直接爪をたてるのと、手袋をした手で掻くのとでは傷の深さが異なります。

保湿

お風呂から上がった後、
身体の保湿をするのと同時に頭皮も保湿してあげましょう。
保湿って、身体や顔までは思いつくのですが、
なかなか頭皮まで保湿しようとは思いませんよね?

また、場所が場所だけに身体や顔のように化粧水を使うわけにもいきません。

症状が酷い時には皮膚科で薬を処方してもらうのが一番ですが、
非ステロイドで頭皮用の保湿剤をお探しの場合は、
アトピーの人にオススメの頭皮用スカルプローションがおすすめです。




アトピーの人向け 頭皮保湿用スカルプ

関連記事:

  1. アトピーにおすすめのシャンプーと、正しい洗髪
  2. アトピーとアレルギーの違いって?
  3. ちょっと待って!その入浴剤は大丈夫?
  4. アトピーの人が上手にアルコールを楽しむ方法
  5. アトピーを重症化させる「植物油」

関連記事

ページ上部へ戻る
プロバイダ契約に関する質問