記事の詳細

アトピー 温泉の泉質アトピー肌を改善する策の一つとして、温泉治療があります。全国にアトピーに効果があると掲げている温泉があります。
では、アトピー肌に向いている温泉の泉質は、どういったものがオススメなのでしょうか。
 

温泉がアトピーにもたらす改善効果の作用とは

 

温泉を利用して病気を快復させる湯治。
日本古来から行われてきた、自然治癒力を高める行為です。

 

アトピーに効くと言われる作用は5つ

 

[colored_box color="red" corner="r"]①殺菌作用・・・アトピーの原因一つとされるブトウ球菌の増殖を抑える。

②温熱作用・・・新陳代謝を良くし、皮膚細胞を活性化させ、正常な皮膚に戻す。

③含有化学成分作用・・・イオン化した化学成分が、皮膚を浄化し、保水・保湿作           用を施す。

④静水圧・浮力作用・・・水圧の負荷で呼吸器や循環機能を活性化。浮力で心身を           リラックス。

⑤非特異的変調作用・・・①~④の刺激を受けると体の機能が刺激を受け、身体の           状態を一定に保とうとする恒常性機能が働く。この作           用が自律神経系に深く作用し、アトピー改善につなが           るとされる。[/colored_box]

 

アトピーに効果がある温泉泉質

 

温泉は含有成分の違いにより、
単純温泉・二酸化炭素泉・炭酸水素塩泉・塩化物泉・硫酸塩泉・含鉄泉・硫黄泉
酸性泉・放射能泉に分類されます。

 

この中で、一般的にアトピーに効くといわれる泉質は、
単純泉・炭酸水素泉・酸性泉です。
単純泉と炭酸水素泉はアルカリ性なので刺激が少なく、
入浴後はスベスベになることから「美肌の湯」とも言われています。

酸性泉は、殺菌作用があるので、皮膚のブドウ球菌を殺菌して
皮膚を清潔にしてくれます。

 

しかし、アトピー性皮膚炎の症状は人それぞれです。
アトピーの人全てに同様の効果があるわけではありません。
人によっては泉質の刺激が強すぎることもあるので、
温泉湯治の実践を考えている方は、医師に相談の上が好ましいでしょう。

 

アトピー症状の改善を求め湯治治療を行う場合、
正しい方法で実践しなければ、
本来得られるべき効果を実感することができません。
正しい湯治方法はコチラ 

関連記事:

  1. アトピーに温泉は効果ないの?効果が得られる温泉の利用方法
  2. アトピーとアレルギーの違いって?
  3. アトピーに効果がある精油と、その効能は?
  4. アトピーに効果的な栄養素を知ろう
  5. アトピーの改善② 症状別 卵の摂り方

関連記事

ページ上部へ戻る
プロバイダ契約に関する質問