記事の詳細

アトピーに効果的な栄養素”の記事で、アトピーにとって有益な栄養素の紹介と、
その栄養素がどのようにアトピーに効果があるのかについて紹介しましたね。

では、それらが不足した身体はいったいどうなるのでしょう?
ここでは、栄養不足がアトピーにどのように関係するのかを見ていきます。

人間が生きるために必要な栄養素

これらが極端に不足した場合、アトピー悪化だけでなく生命にまで
危険が及びますよね?
そう、私たちの身体が栄養不足になった場合、まずは内臓などの
生命と直結する機能の維持のために栄養は使用されます。
すると、栄養が足りなくなった皮膚はカサカサになり非常にもろくなります。

まずは、偏った食生活を改善し、
バランスの良い食生活を心がけるようにしましょう。

次に、どの栄養素がアトピー悪化につながるのか、という疑問です。
分子整合栄養医学的には、
主にビタミン、ミネラル、タンパク質と言われています。

ビタミンが足りないと皮膚はどうなるの?

関節部分の皮膚が鳥肌のようにプチプチして
乾いた状態になることがありませんか?

これは、ビタミンAの不足による現象です。
角化異常といい、皮膚の細胞分裂の際に必要なビタミンAが不足するために
このような異常が起きます。

ミネラル不足の皮膚は老ける?

人体でのミネラルの構成比率はわずか4%程度。
本当にわずかなのですが、ミネラルは人間の体内で作り出すことができず
食べ物から摂取するしかありません。

ミネラルが不足すると、皮膚細胞の代謝機能が落ちたり、
肌の酸化原因になる活性酸素の過剰発生が抑えられなくなります。
その結果、皮膚にハリがなくなりシミやしわの原因になるほか
アトピーにとっても良くない痒みを抑えることができなくなるということです。

健康な肌を維持するためには、ミネラルは欠かせません。

タンパク質は適量が大事

タンパク質は、コラーゲンやケラチンなどの皮膚に必要な成分の多くを形成しています。
“食事制限ダイエットして体重は減ったけど、髪はパサついて肌荒れがひどくなった”という経験はありませんか?

タンパク質は脂質や糖質を作る元。
健康な肌をつくるためにもたんぱく質は欠かせません。
アトピーを悪化させる食べ物”の記事でも触れましたが、摂り過ぎてしまうと
かえって良くない結果を招きます。
バランスを意識して、一日分の適量をとるように心がけてくださいね。

まとめ

アトピーにとって必要な3大栄養素は、
「ビタミン」「ミネラル」「たんぱく質」です。
アトピーは外的要素だけでなく、栄養バランスなどの内的要素も大きく関係します。
栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。

関連記事:

  1. アトピーに効果的な栄養素を知ろう
  2. ルイボスティーでアトピー改善
  3. アトピーとアレルギーの違いって?
  4. 日本の飲み水に注意?水道水の塩素濃度に要注意!
  5. デトックスで身体をきれいにして、アトピー改善

関連記事

ページ上部へ戻る
プロバイダ契約に関する質問