記事の詳細

今回は水道水に含まれている塩素のお話です。
アトピーとデトックスの関係”の記事でもちょっとだけ触れましたね。
デトックスで体内に溜まった毒素を排出するには水を飲むのが一番。
しかし、日本の水道水には殺菌のための塩素が含まれているので、
浄水器の水やミネラルウォーターを飲みましょう。

簡単に言うと、こんな感じの内容でした。

しかし、塩素除去が必要なのは口から入る飲み水の他にシャワーやプールなど、
水につかった際に皮膚から入る水も含まれていたのです。
なんだかやたら怖がらせるような話の流れになってしまいましたが、
そもそも塩素がアトピーにとってなぜ良くないのか、
また日本の水道水にどの程度の塩素が含まれているか、
原因や理由がはっきりしていれば、悪くなる前にきちんと対策が打てますよね。

塩素とはどういうもの?

塩素とは、殺菌・滅菌をするための消毒薬です。
強力な酸化作用によって菌を死滅させるため
水道水の中に含まれる大腸菌などの病原菌を取り除くことができます。

アトピー 塩素

飲み水として使用するためにどうしても必要な塩素ですが、
問題はその濃度にあります。

日本での水道水の塩素濃度基準は、蛇口の水が0.1PPM濃度以上
その上限は設けられていません。
比較のため、ヨーロッパの基準値をみると、末端の塩素濃度が0.1PPM以下
まったく逆の考え方ですね。

因みに、東京や神奈川などの都市部では塩素濃度が0.7~1PPM。
プールの塩素濃度の基準値が0.4~1PPMなので、
いわば私たちは、プールの塩素濃度と同じ基準値の水道水を使用しているのです。

アトピーの塩素被害について

この塩素は、汗や汚れ・化粧品などの有機物と結合すると“結合塩素”となり、
塩素ガスを発生してアトピーや喘息などの被害を引き起こします

アトピー プール 塩素

あなたはプールなどに入った後、肌がカサカサしたり、目が真っ赤になったりした経験はありませんか?
これも、塩素によって皮膚や目の細胞が傷つけられるためです。

プールなら、入らずに避けて通ることはできますが、
日常生活においての水道水となると、使用しないわけにはいきませんね。

お家で出来る塩素対策

浄水器を付ける

まずはキッチン。
塩素は人体への害の他、野菜などのビタミンも破壊してしまうので、
調理する場所での水は、出来るだけ浄水器などを使用して塩素を取り除きましょう。
できれば洗面所にもつけたいですね。

シャワーのヘッドを変える

シャワーヘッドにトルマリン入りのものを使用するなどの対策を。

お風呂のお湯に備長炭を

備長炭が有害物質の塩素を除去してくれます。

水道水に含まれる塩素に対し、正しい知識を持って
アトピーが悪くならないようにきちんと対策してくださいね。

関連記事:

  1. デトックスで身体をきれいにして、アトピー改善
  2. アトピーに効果があるアロマレシピいろいろ
  3. マーガリンのトランス脂肪酸とアトピーの関係
  4. ルイボスティーでアトピー改善
  5. アトピーに効果があるお茶いろいろ

関連記事

ページ上部へ戻る
プロバイダ契約に関する質問