記事の詳細

アトピーのかゆみの原因は「植物油」だということが判りました。
⇒アトピーを重症化させる「植物油」

では、植物油がどのようにアトピーを重症化させるのかを見ていきましょう。

植物油に多く含まれる「リノール酸」こそが最大の悪

毎日、植物油を多量に摂取することにより、
体内の細胞膜に油成分がどんどん蓄積されていき、
それが体を“アレルギー体質(アトピー体質)” へと変化させます。
そして、ほんのわずかの刺激に対しても過剰にアレルギー反応を起こします。

また、必要以上に取りすぎた植物油が体内から皮脂腺を通して肌表面に出てきて、
これがかゆみや湿疹の原因となります。

アレルギー体質となった体が過剰に反応する成分は、
植物油に含まれる“リノール酸”です。
リノール酸を多く摂取すると、
リノール酸から変化したアラキドン酸が細胞膜に蓄積します。
これが、アトピーを重症化させる「植物油」でもお話したような、
換気扇の油汚れに該当します。
体の細胞が、換気扇のギトギト油汚れのようなアラキドン酸に覆われ、
猛烈なかゆみを引き起こす物質を作り出すのです。

「リノール酸は健康にいい」と言われていた時期がありました。
リノール酸が血液をサラサラにし、動脈硬化などを予防する作用があると。
“体にいい”と宣伝されれば、あっという間に世の中に広まります。
ダイエットにバナナ、納豆、トマトがいいと報道されれば、
翌日にはその商品が店頭から品薄になるほど影響力は大きいです。

それと同じで、積極的にリノール酸を摂取する生活スタイルに代わり、
食生活も和食から欧米食の頻度が増えたことも合わさり、
急速にリノール酸の摂取量が伸びました。
健康に良いとされていたはずなのに、その後、心臓病などの生活習慣病や
アレルギー疾患の患者が軒並み増えたのです。

その後の研究により、
今は”リノール酸の摂りすぎ”は身体に悪いことが判明しています。

アトピー性皮膚炎の人は、
これまで摂取してきた植物油を体内から除去しなければなりません。
その為には、植物油の摂取を積極的に控えるようにしましょう。
リノール酸は植物油に多く含まれていますが、
油の種類によってはリノール酸の含有量が少ないものがあります。

リノール酸含有量の多い油

・サンフラワー油 76.4%
・ひまわり油 69.9%
・綿実油 56.9%
・大豆油 52.7%
・とうもろこし油 50.5%
・ごま油 44.8%
・米ぬか油 36.6%
・マーガリン 32.0%
・調合サラダ油 31.2%
・なたね油 21.8%

リノール酸含有量の少ない油

・シソ油
・エゴマ油

この2つの油はほとんどリノール酸を含んでいません
体内に摂取されると、アレルギー反応や炎症を鎮めるEPAやDHAに変化するので、
アレルギー体質の人には最適な油です。

しかし、酸性しやすく価格が高いというデメリットがあります。
料理で使うにはあまり現実的ではありません。

そこでオススメなのが、「オリーブ油」です。
オリーブ油の主成分は”オレイン酸”で、
アレルギー反応に対しては”悪”でもなく”善”でもない中立に位置します。

一番良いのはシソ油やエゴマ油ではありますが、
揚げ物をやめ、和食メインにし、使用する油はすべてオリーブ油に変更するだけでも
十分に効果が得られます。

つぎは、リノール酸の摂取量を減らす食生活の工夫についてです。

関連記事:

  1. マーガリンのトランス脂肪酸とアトピーの関係
  2. アトピーを重症化させる「植物油」
  3. アトピーの改善① 症状別 植物油の摂り方
  4. アトピーとアレルギーの違いって?
  5. アトピーの改善② 症状別 卵の摂り方

関連記事

ページ上部へ戻る
プロバイダ契約に関する質問