記事の詳細

アトピーを持っている方の中には、
「最近肌の調子が良い」とか「ここ数日、肌の調子が良くない」などの会話をしたことがあると思います。
では、どんな時に肌の調子が悪くなるのか、あなたはご存じですか?
アトピー悪化の原因を探ってみましょう。

アトピー悪化の原因とは

実は、アトピーが悪化する最大の原因は“掻いてしまうこと”なのです。
かゆいんだから掻いてしまうのは当たり前だ!
それはそうなのですが、

・強いかゆみにより炎症部分を掻いてしまう
   ↓
・皮膚が傷つき、バリア機能が低下してしまう
   ↓
・少しの刺激でも機能が低下した皮膚が敏感になりかゆみがおこる

こういった悪循環が繰り返されます。
痒みを我慢すること程、ストレスが溜まり辛いことはありません。

痒みを抑えるためにどうすればいいの?

肌を清潔に保つこと

かゆみ症状のある肌には「」も大きな刺激となります。
夏場など、汗がたまりやすい首回りや手足の付け根、
髪の毛の生え際、関節部分など
こまめにシャワーを浴びるなどして汗を取り除きましょう。

外出先や仕事中など、シャワーを浴びることができない場合は、
濡れたガーゼやハンカチなどでこすらずに拭き取るだけでも効果があります。
かゆみがあっても、拭き取りの際にこするのは厳禁。
上からそっと押さえるのみにとどめましょう。

保湿をしましょう

アトピーの方はドライスキンなので、乾燥も大敵。
お風呂の後、そのまま服を着てほったらかし、なんてことはありませんか?

肌に潤いを補給するために、
シャワーだけでなく出来るだけ入浴するように心がけましょう。
38~40℃のぬるめのお湯に長めにつかると日ごろの疲れもとれて
アトピー原因の一つとなる、ストレスの解消にも役立ちますよ。

そして、お風呂から上がった後は、
自分の肌に合ったクリームやオイルなどを塗って肌の乾燥を防ぎます。
入浴後は体温が上昇しているため、肌が急激に乾燥します。
しばらく放っておいてから保湿するのではなく、汗が引いたらすぐのケアがお奨めです。

男性にとっては長めの入浴やクリーム、オイルでの保湿など、
女性のような肌ケアに抵抗がある方もいるかもしれませんが
ぜひ試してみてくださいね。

最後に、用法や用量を守った薬の使用も重要です。
医師から処方された薬は、きちんと症状を把握してくださっているものです。

「かゆくなくなったからと言って途中でやめてしまった。」
「かゆくて掻いてしまった後にだけつけるようにする。」
「容量を守らずに、メイクの下地代わりに毎日つけている。」

こうしたことのないように気を付けてください。
薬の使い方を間違えると、かえってアトピーが悪化してしまうこともありますよ。

アトピーには食物や住環境など、様々な要因がありますが
究極の対処法は皮膚を掻かないこと
そうすれば、炎症も起きないし皮膚も傷つきません。
そうはいっても、かゆみはどうしようもないですよね。
普段からかゆみを抑える努力は欠かせませんね。

まとめ

アトピー悪化の最大の原因は、”肌を掻くこと”。
汗はアトピー肌には最大の刺激。
汗をシャワーで流す・拭くなどして汗を肌に
付けたままにせず、そして保湿することも忘れずに!

関連記事:

  1. アトピーが悪くなる季節とその原因
  2. チョコレートはアトピーを悪くする?
  3. アトピーの人が上手にアルコールを楽しむ方法
  4. アトピーで痒い頭皮をケアしよう~フケ対策~
  5. アトピーに対するドクダミの効果とは

関連記事

ページ上部へ戻る
プロバイダ契約に関する質問