記事の詳細

「パーッと飲みに行きますか!」なんて、お酒を飲むと今までの嫌なことを忘れて楽しい気分になりますよね。
また、翌日への活力にもなります。でも、あなたはお酒を飲んだ後、アトピー症状のある個所が赤くなり、
かゆみがひどくなった経験はありませんか?
アトピーとアルコールの関係について、考えていきます。

アルコールの持つ作用

お酒には新陳代謝を促し、血行をよくして体温を上げてくれる作用があります。
顔が赤くなるのはそのためです。
また、楽しい気分になり話が弾んだり、陽気になったりします。
お酒と楽しい会話で、日常抱えている不安や不満も和らぎますね。
これは、お酒の持っている麻酔のような作用によるものです。

ここでは、アルコールの良い部分に触れてみました。
次にアトピーの方がアルコールを飲んだ場合の症状についてお話します。

アトピーの方がお酒を飲むと

新陳代謝がよくなるということは、
血管の周囲に及んでいる神経を刺激するためかゆみの原因となります。

また、麻酔のような作用によって痛みに鈍感になるので、
ひどく皮膚をかいてしまい、以前より症状が悪化してしまいます。

そして、アルコールには利尿作用もあります。
そのため乾燥肌のアトピーの方は、益々皮膚が乾燥してしまい
これもまたかゆみを引き起こします。

まるで、アトピーの人はアルコールがいけないようですね。
でも、仕事の付き合いで外せない酒の席もあるでしょうし、
そもそも、アトピーにとってよくない原因の一つ“ストレス”をお酒は解消してくれます。
だからアトピーの方は注意してお酒を飲めばよいのです。

アトピーの方がお酒を飲むときの注意点

まずは、お酒ばかりを飲まないこと。
お酒の間にソフトドリンクを入れたり、
お酒自体をソフトドリンクで割ったりするのもいいと思います。

途中でおつまみなどを食べながら、
食物と一緒に少しずつ飲むようにするのもいいですね。
おつまみは油っこいものばかりでなく、
ビタミン類を多く含むものを意識してください。
また、同じアルコールでもワインは抗酸化作用があるため良いようです。

自分の適量を知り、休肝日を作りながら上手にお酒と付き合っていきましょう。

関連記事:

  1. ルイボスティーでアトピー改善
  2. アトピーに効果がある精油と、その効能は?
  3. アトピーに効果があるお茶いろいろ
  4. アトピーの症状改善に効果的な温泉の泉質
  5. アトピーの改善② 症状別 卵の摂り方

関連記事

ページ上部へ戻る
プロバイダ契約に関する質問