記事の詳細

アトピーとアレルギーってどう違うのでしょうか。アトピーはアレルギー疾患の1症状なのだから、アトピーとアレルギーには大きな違いはないような気がします。
しかし、アレルギーを持っている人すべてにアトピーの症状が出るわけではないので、
「アトピー」と「アレルギー」は区別して考えます。

アトピー性皮膚炎とは

 

アトピー性皮膚炎とは、慢性的な痒みや湿疹やガサガサの皮膚が特徴です。

 

【原因】
アトピー体質(何らかのアレルギーや、乾燥肌による皮膚のバリア機能障害)
生活上の要因(生活環境の悪化や、ストレス)

 

アトピーの人は皮膚が弱い体質なので、
ダニやホコリ、食べ物などの”アレルギー的悪化要因”や
乾燥や発汗などの”非アレルギー的悪化要因”で
肌が炎症を起こして赤くなり痒みが出ます。

 

また、ストレスや生活環境の変化などによる”生活上悪化要因”が
大脳に作用してかゆみを起こすこともあります。

 

どうしてアトピー体質になるのかは、まだハッキリと判明していません。

 

アトピーとアレルギーの違い

 

アトピー:皮膚が弱い体質
アレルギー:アレルギー物質(アレルゲン)に対する免疫異常

 

アレルギーは、食べ物・ダニ・花粉などの特定の物質に対して
過剰に免疫異常反応が起こります。

 

アトピーもアレルゲンに反応して免疫が過剰に反応しますが、
アトピーの人は、普通の人は何ともないような刺激に対しても
敏感に反応します。
そこが、アトピーとアレルギーの違いです。

 

アトピーの基本的対処法

 

アレルギーの場合は、「ハウスダスト」や「ダニ」など
血液検査でアレルゲンが特定できることが多いですが、
アトピーの場合は、非アレルギー悪化要因が関係していることが多く、
それを特定するのは困難です。

 

しかし、何もできないわけではありません。

[icon image="check-b-r"][colored_box color="red" corner="r"]皮膚炎がある⇒ステロイド外用薬等で治療する
乾燥肌である⇒保湿剤でスキンケアをする
生活上の悪化誘因⇒衣食住の環境を見直す
ストレスの悪化要因⇒ストレス発散をする[/colored_box]

 

他にも細かく見ると色々な改善策はあります。
まずは基本的な治療法を行っていきながら、
どの要因で肌状態が悪くなっていそうなのかを探ることがポイントです。
[deco_bg image="paper1" width="400"]まとめ
アレルギーはアレルゲンに対する免疫異常。
アトピーはアレルゲン&健康な肌には何ともない刺激にも過剰反応。
それぞれの原因に対する適切な処置が、アトピーと上    手に付き合うカギ。

[/deco_bg]

 

関連記事:

  1. アトピーに温泉は効果ないの?効果が得られる温泉の利用方法
  2. アトピーの症状改善に効果的な温泉の泉質
  3. アトピー性皮膚炎のアレルゲン どう除去すればいい?
  4. 大人と子供のアトピーの違いについて
  5. アトピーが悪くなる季節とその原因

関連記事

ページ上部へ戻る
プロバイダ契約に関する質問